まだ先の話?でもよく聞いておこう。妊娠中の食事

この間いとこのマサコちゃんがうちに来てくれました。

まだ子供が生まれてそんなに経っていないんですが

私にとっては今後経験しなければ行けないことなのでいろいろと勉強になりました。

マサコちゃんは子ども2人いる、30代のママです。

最初の妊娠の時は、妊娠期間中ほぼがつわりで過ぎてしまったそうです。辛そう。。…(°_°)

食事がまともに取れず、毎日ジュースでつなぐ日々。
ジュースが飲めたことが幸いし、入院は免れたとのこと。

家にいても匂いと気持ち悪さで主人の食事は作れないし、実家にいれば、義母や母が心配して食事を出そうとする、一応食べる、戻す、のキツい日々( ;∀;)

2人目の時は、つわりが数ヶ月で治まったため、食事は気をつけつつもキチンと食べれていたみたいです。

食事では、一応食べ過ぎには気をつけつつ、和食中心に…という理想はいいですが、つわりが終わった喜び!からとにかく肉肉肉焼肉、お菓子のコンボで、一気に体重が増加してしまったことが( ;∀;)

医師に体重が急に増え過ぎ、と指摘され、うわーっ、キタキタと青くなったことが昨日のようだと言ってました。

この時はとにかくみそ汁、ごはん、納豆で乗り切るようにし、お腹がすいてもお菓子を食べないようにして、体重の増加しすぎをセーブしようと努力をしてたとのこと。私も食べることが好きなのでこれは辛そう。

しかし、食欲には勝てず、チーズを食べたり昆布を食べたり、なんとかしようと躍起になり、子どものゼリーを食べたりごまかしごまかし、10キロちょい超えで出産に。

食事の支度をするのも、買い物に行くにも、いろいろと大変そうで、バランスよく食事を食べるのは意識してもなかなかできないみたいです。

妊娠中はとりあえずバランスよく食べるようにできたら理想的だったなぁ、と私にアドバイスをしてくれました。このサイト(http://xn--u9j580gdia810bpvau430a.xyz/)で勉強しようと一応一読はしましたが、まだ先の話ですが今のうちに勉強しとかないとですね(^^;

春は家庭菜園の始まりの季節

みなさん、春も随分大きく顔を出してきましたね(*^▽^*)
暖かくなって、やるべきことも、やりたいことも増えてきたんじゃないでしょうか!

わたしは、去年から始めていることですが、今年もまた家庭菜園に挑戦します!(*’ω’*)!
家庭菜園と言っても、私の家はマンションなのでベランダ菜園ですけどね(^^♪

私が去年挑戦したベランダ菜園は、「シソ」と「バジル」と「ミント」です。
どれも、ちょこちょこ使えて、摘んでも摘んでも生えてくるところが嬉しいのと、場所も取らなくて助かります。

それから、この3つの共通点は育てるのが難しくないことです(*’▽’)
水さえ一日に一回ほどあげていて、日当りのいい場所においておけば、土質も選ぶことなく簡単に育ってくれます。

そして私の場合、種からではなく苗から育てるので余計育てるのが簡単だったのだと思います(^^)/

ベランダ菜園の良いところは、普通のお庭と違って虫がつきにくいところです。
全くつかないわけではないのですが定期的に見るとたま~に付いているくらいです(´・ω・`)

今年も同じものを育てようと思いますが、更に加えるとしたら、「小葱」と「ベビーリーフ」は加えたいです。

去年の3つの葉物と同じく、ちょこちょこ使えば使うほど、新しい葉が生えてくるところが嬉しいし、楽しそうですよね(^◇^)

素敵な鉢を選んだり、ベランダに木のタイルをひいたりしてもお洒落で、もっとベランダ菜園が楽しくなりそうです。

今年もマイペースに家庭菜園を通して、育てる喜びを感じたいです(*^▽^*)

そうそう。この話で友人に自慢したらその子はなんと本格的に畑を借りちゃったそうですw

シェア畑|初心者でも安心!サポート付きレンタル畑

このサイトを参考にしたみたいですが、なるほどw私も借りたくなってきましたw

今度会ったら一緒にやろうってお願いしてみようかな?

費用もシェアできるみたいだしね。

侮るかなれ 海水浴での日焼けに要注意!

友だち数人で海水浴に行った時のこと。

幼い頃から色白だった私は母親に

「肌の色が白いのは七難隠す」

と言われ続け当時はその意味も理解できずにいましたが、ある程度の年齢になるとあらゆる所で

「色白なのねぇ」「肌がキレイねぇ」「羨ましいわぁ」

と言われ、七難隠すとはよく言ったものだと思っていました。

それでも流行りによっては、ちょっと日焼けしているくらいの『小麦色の肌』なんていうのが可愛らしく見える時代もあり、肌が白いことがイヤだった時もあって若い頃は日焼け止めクリームを塗るなんてことをしたことがありませんでした。

今となってはとても恐ろしくとんでもない行為であったと反省しても後の祭りで。。。。

そんなこともあって、海水浴に行く時も

「少し日焼けしたいわぁ」

くらいの感覚で日焼け止めクリームなど塗らずに数時間あの海の太陽をまともに浴びてしまったのです。想像はできるかと思いますが、その結果、私の両肩は火傷のようなとんでもない状態になってしまいましたTT

帽子をかぶっていたおかげで顔の日焼けはそれほどでもなかったのが救いでしたが、その夜から3日程度はシャワーを浴びることもきつく痛みも酷く心身ともに死んでいました。

肌は徐々に再生されてはいきましたが、しばらくは火傷のケロイド状が消えず、普通の肌に戻るまでにはかなりの時間を要した記憶があります。

今でも私の両肩のその部分は直径1ミリくらいの無数のシミが残っていて、今でもそれを見る度にあの夏の苦い想いと反省の想いが甦ります。

まだ若いからと言って油断は禁物ですね。

最近はサプリメントを採るようにしています→おすすめのエラスチンサプリメント

言いたい!!

私はT大に通う20才の女子です。私の所属しているサークルにN女子大から来ている女子がたくさんいます。

私の所属しているサークルは他大生も受け入れるので誰でも入れるのですが、明らかに男性目当てで入っている女子大の方も多く、彼女達の間で妬みや嫉妬が渦巻いていて気持ちが悪いです。

音楽サークルなので全体的に女子の雰囲気はガツガツはしていないのですが、例の女子大の方は明らかに男子に食われたくって来てますオーラが炸裂していて嫌気がさします。

サークルのイベント参加率100%でお目当ての男子に付きまとうかのごとく頑張るのですが、男子に相手にされないと分かるとT大の女子に付きまとい『誰か男紹介して欲しい』と言ってきます。

拒否すると睨んだり、感じの悪い態度をとってきます。全く関係の無い者にまで火の粉が飛んできます。私のサークルは自由参加ですが毎週活動があります。サークルの部室がたくさん入っている建物内のある一室で毎週集まりが催されています。

毎週来てるのはもちろん先の女子大の人ばかりです。彼女たち曰く大学が女ばかりなのでバイトかサークルに出会いが限られるからここでがんばらないと後が無いそうです。

やや呆れ返りました。このような女子がいるため、せっかく入った質のいいT大の女子や男子が集りに段々来なくなりました。どうでもいい質の悪い女子大の女子が残っていてまともな子達が消えていくのは見ていて辛いです。しかし、男子は彼女たちの質の悪さに気づかないのがもどかしいです。